RECENT POSTS

日本慢性期医療協会が平成30年診療報酬改定に向けての要望項目を提出

会員・現場の声 協会の活動等 官公庁・関係団体等

平成30年度診療報酬改定に向けて1

 2017年7月13日に、厚生労働省保険局医療課 迫井正深課長宛に、武久洋三会長と、安藤高朗副会長・政策提言委員会委員長が平成30年診療報酬改定に向けての要望項目を提出いたしました。 [続きを読む]

「第142回社会保障審議会 介護給付費分科会」 出席のご報告

会長メッセージ 官公庁・関係団体等 審議会

第142回介護給付費分科会 ブログ原稿

 平成29年7月5日(水)、「第142回 社会保障審議会介護給付費分科会」が開催され、武久洋三会長が委員として出席いたしました。会議では下記の議題が話し合われました。 [続きを読む]

長期療養を目的とした施設のあり方に関する研究事業 第1回研究会 出席のご報告

協会の活動等 官公庁・関係団体等

長期療養を目的とした施設のあり方に関する研究事業 第1回研究会 出席のご報告

 平成29年7月5日、「長期療養を目的とした施設のあり方に関する研究事業」の第1回研究会が開催され、武久洋三会長が委員として出席いたしました。 [続きを読む]

「第2回高齢者医薬品適正使用検討会」 出席のご報告

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

「第2回高齢者医薬品適正使用検討会」 出席のご報告

 平成29年6月23日、「第2回高齢者医薬品適正使用検討会」が開催され、池端幸彦副会長が出席いたしました。厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課主管の同検討会は、高齢者の薬物療法に関する安全性確保の推進を目的としております。 [続きを読む]

「日本介護医療院協会」の設立準備委員会を発足 ── 6月22日の定例会見

会員・現場の声 会長メッセージ 協会の活動等

武久洋三会長_20170622

 日本慢性期医療協会は6月22日の定例記者会見で、「日本介護医療院協会」の設立準備委員会を発足したと発表しました。武久洋三会長は、同日開催された理事会で決定したことを伝えたうえで、「介護医療院に関する要望をきちんと出していき、運営しながら育てていく。こういう姿勢で厚労省と共に良い施設をつくっていきたい」と抱負を述べました。武久会長は「介護療養病床約6万床のうち4万床は移行するのではないか」と見通しています。 [続きを読む]