RECENT POSTS

日病協「第170回 診療報酬実務者会議」出席の報告

協会の活動等 官公庁・関係団体等

日病協「第170回 診療報酬実務者会議」出席の報告

 令和元年10月16日(水)、日本病院団体協議会(日病協)の「第170回 診療報酬実務者会議」が開催され、当会からは池端幸彦副会長(診療報酬実務者会議委員長)ならびに矢野諭副会長が出席しました。 [続きを読む]

老健の運営に関する調査結果を発表 ── 10月10日の定例会見で田中委員長

会長メッセージ 協会の活動等 役員メッセージ

田中志子委員長(医療法人大誠会理事長)_20191010日慢協会見

 日本慢性期医療協会は10月10日の定例記者会見で、「介護老人保健施設の運営状況に関するアンケート集計結果まとめ」を発表した。それによると、在宅復帰率について「50%超」の施設が38.3%と最も多く、入退所前後の訪問指導なども高い数値を示した。こうした結果を受け、調査を担当した日慢協老健委員会の田中志子委員長(医療法人大誠会理事長)は「全ての評価において、老健に求められる役割を担うべく、それぞれの施設が大変頑張っている」と述べた。 [続きを読む]

「第171回社会保障審議会介護給付費分科会」 出席の報告

協会の活動等 審議会

「第171回社会保障審議会介護給付費分科会」 出席の報告_20191011

 令和元年10月11日(金)、厚生労働省の「第171回社会保障審議会介護給付費分科会」が開催されました。当会からは武久洋三会長が委員として出席しました。 [続きを読む]

「第83回社会保障審議会介護保険部会」 出席の報告

協会の活動等 審議会

20191009_介護保険部会

 令和元年10月9日(水)、厚生労働省の「第83回社会保障審議会介護保険部会」が開催されました。当会からは武久洋三会長が委員として出席しました。 [続きを読む]

退院前訪問で減算、「緩和してもいいのでは」── 10月3日の入院分科会で池端副会長

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

池端幸彦委員(日本慢性期医療協会副会長)_20191003中医協入院分科会

 日本慢性期医療協会の池端幸彦副会長は10月3日、入院医療について審議した厚生労働省の会議で、退院前訪問指導料を算定できない理由に言及し、「病棟の看護師や専任の理学療法士が訪問した場合には施設基準上、その時間を減算しなければいけない」と指摘した上で、「患者さんのためにという視線で考えれば、専従、専任の要件などを少し緩和してもいいのではないか」と提案した。 [続きを読む]

「高齢者の急増は医療費拡大にそれほど影響していない」 ── 9月27日の医療保険部会で武久会長

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

武久洋三参考人(日本慢性期医療協会会長)_20190927医療保険部会

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は9月27日、2040年を見据えた社会保障制度改革などを議論した厚生労働省の会議で、「高齢者の急増は医療費の拡大にそれほど影響していない」との認識を示した。医療保険制度をめぐる状況については、急性期病院における介護の必要性や重要性を指摘した上で、「介護力を強化した急性期病院等をつくらなければいけない」と提言した。 [続きを読む]

「第81回社会保障審議会介護保険部会」 出席の報告

協会の活動等 審議会

西尾俊治常任理事_20190927介護保険部会

 令和元年9月27日(金)、厚生労働省の「第82回社会保障審議会介護保険部会」が開催されました。当会からは武久洋三会長の代理として西尾俊治常任理事が参考人として出席しました。 [続きを読む]

「在宅に帰れない患者が急性期病院から送られてくる」── 9月26日の入院分科会で池端副会長

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

池端幸彦副会長_20190926中医協入院分科会

 日本慢性期医療協会の池端幸彦副会長は9月26日、入院医療に関する調査結果が示された厚生労働省の会議で「在宅にどうしても帰れない患者さんが急性期病院から療養病棟に送られてくる。その患者さんを在宅に帰すことは非常に困難」と指摘し、在宅復帰率の年間15%基準について「2段階にする方法もあるのではないか」と提案した。 [続きを読む]

中心静脈栄養と看取りに関する緊急調査の結果を公表 ── 池端副会長、9月19日の入院分科会で

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

池端幸彦副会長_20190919入院分科会

 日本慢性期医療協会の池端幸彦副会長は9月19日、次期改定に向けての入院医療について審議した厚生労働省の会議で、日慢協が実施した中心静脈栄養と看取りに関する緊急調査の結果を公表した。それによると、他院などで中心静脈栄養を実施した状態で療養病棟に入院した「持ち込み」は39.6%、看取りのためのみに入院していた患者は2.5%にとどまった。結果を受け池端副会長は「急性期病院において中心静脈栄養を入れる段階で、その是非をより慎重に検討すべき」とコメント。療養病棟の現状については、「医療を提供しつつ亡くなる患者が非常に増えている実態が明らかになった」と述べた。 [続きを読む]

「第3回介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会」出席の報告

協会の活動等 審議会

「第3回介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会」出席の報告

 令和元年9月18日(水)、厚生労働省の「第3回介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会」が開催されました。当会からは橋本康子副会長が委員として出席しました。 [続きを読む]

日病協「第169回 診療報酬実務者会議」 出席の報告

協会の活動等 官公庁・関係団体等

日病協「第169回 診療報酬実務者会議」 出席の報告

 令和元年9月18日(水)、日本病院団体協議会(日病協)の「第169回 診療報酬実務者会議」が開催され、当会からは池端幸彦副会長(診療報酬実務者会議委員長)ならびに矢野諭副会長が出席しました。
 議題は下記の通りです。 [続きを読む]

「第81回社会保障審議会介護保険部会」 出席の報告

協会の活動等 審議会

武久洋三会長_20190918介護保険部会

 令和元年9月13日(金)、厚生労働省の「第81回社会保障審議会介護保険部会」が開催されました。当会からは武久洋三会長が委員として出席しました。 [続きを読む]