RECENT POSTS

「かかりつけ医機能が少し落ちている」 ── 11月28日の医療保険部会で武久会長

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

武久洋三参考人(日本慢性期医療協会会長)_20191128医療保険部会

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は11月28日、次期改定の基本方針などを審議した厚生労働省の会議で、開業医の高齢化や後継者不足などに触れながら「かかりつけ医機能が少し落ちている」との認識を示し、多機能な中小病院と診療所との連携などを進める必要性を指摘した。 [続きを読む]

2019年11月27日(木)第86回介護保険部会の報告

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

2019年11月27日(木)第86回介護保険部会の報告

 令和元年11月27日(木)、厚生労働省の「第86回介護保険部会」が開催されました。当会からは武久洋三会長が委員として出席しました。 [続きを読む]

「第10回在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」出席の報告

協会の活動等 審議会

「第10回在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」出席の報告

 令和元年11月27日(水)、厚生労働省の「第10回在宅医療及び医療・介護連携に関するワーキンググループ」が開催されました。当会からは池端幸彦副会長が委員として出席しました。 [続きを読む]

「私費のリハビリ施設が全国あちこちに」 ── 11月21日の医療保険部会で武久会長

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

武久洋三参考人(日本慢性期医療協会会長)3_20191121医療保険部会

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は11月21日、令和2年度診療報酬改定の基本方針について審議した厚生労働省の会議で、「完全な私費のリハビリ施設が全国であちらこちらに出現している」と問題点を指摘した上で、質の高いリハビリテーションを進める必要性を強調した。 [続きを読む]

日病協「第171回 診療報酬実務者会議」 出席の報告

協会の活動等

日病協「第171回 診療報酬実務者会議」 出席の報告

 令和元年11月20日(水)、日本病院団体協議会(日病協)の… [続きを読む]

2019年11月15日(金)第172回介護給付費分科会の報告

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

2019年11月15日(金)第172回介護給付費分科会の報告

 令和元年11月15日(金)、厚生労働省の「第172回社会保障審議会介護給付費分科会」が開催されました。当会からは武久洋三会長が委員として出席しました。 [続きを読む]

「公平な介護保険制度を」 ── 11月14日の介護保険部会で武久会長

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

20191114介護保険部会

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は11月14日、今後の医療・介護提供体制などをテーマにした厚生労働省の会議で「介護保険は公的な制度であるから公平でなければいけない。どこに住んでいても適切な医療・介護サービスを切れ目なく受けることができるように、今後もそのようなスタンスで介護保険制度を運営していただけるとありがたい」と述べた。 [続きを読む]

介護医療院の開設、「良かった」70% ── 11月14日の定例会見で調査結果を発表

会長メッセージ 協会の活動等 役員メッセージ

日本介護医療院協会の鈴木龍太会長_11月14日の定例会見

 日本慢性期医療協会(日慢協)の会内組織である日本介護医療院協会は11月14日、日慢協の定例記者会見で、介護医療院に関する調査結果を発表した。それによると、介護医療院を開設して「良かった」との回答が70%で、「悪かった」は0%だった。日本介護医療院協会の鈴木龍太会長は「介護医療院の創設は好意的に受け止められている」と評価した。 [続きを読む]

「民間の地域急性期を公的病院が吸い上げる」── 11月6日の医療介護総合確保促進会議で武久会長

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

武久洋三構成員(日本慢性期医療協会会長)_20191106医療介護総合会議

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は11月6日、基金を活用した再編・統合事例が示された厚生労働省の会議で、「周辺の民間病院が担っている地域急性期まで、公的な高度急性期が全て吸い上げてしまうような運営の仕方は、できればやめてほしい」と苦言を呈した。他の委員からも「地域の民間病院の患者が新しくて綺麗な公的病院にどんどん移る」と影響を懸念する声が出た。 [続きを読む]

在宅医療を支える「多機能病院」と連携を ── 10月31日の医療保険部会で武久会長

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

武久洋三会長_20191031医療保険部会

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は10月31日、令和2年度診療報酬改定の基本方針について議論した厚生労働省の会議で、在宅医療に取り組む開業医の高齢化などを指摘した上で、「地域の多機能な中小病院が夜間の診療を代わりに担当するなど、そういう連携が地域医療の中で必要」と述べ、在宅医療を支える地域の中小病院の役割を強調した。 [続きを読む]

長期の中心静脈カテーテル、「何らかの管理を」── 10月30日の入院分科会で池端副会長

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

池端幸彦委員(日本慢性期医療協会副会長)_20191030入院分科会

 日本慢性期医療協会の池端幸彦副会長は10月30日、入院医療に関する最終報告書がまとまった厚生労働省の会議で、中心静脈カテーテルを長期に留置する場合について「感染症等も含めて何らかの管理をきちんとすることを担保しなければいけないということは共有されたと思う」と述べ、適切な管理を推進する方針に賛同した。 [続きを読む]

「利益ある民間等は過疎地にサービス提供を」 ── 10月28日の介護保険部会で武久会長

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

武久洋三委員(日本慢性期医療協会会長)_20191028介護保険部会

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は10月28日、将来に向けた介護サービスの基盤整備などを議論した厚生労働省の会議で「保険料を払っているのにサービスがないのは公的保険として適切か」と疑問を呈した上で、「莫大な利益を上げている民間事業者もある」と指摘し、「利益が出ている所は過疎地に一定程度のサービスを提供することを考えてもいいのではないか」と提案した。 [続きを読む]