RECENT POSTS

「第6回介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会」出席の報告

協会の活動等 審議会

「第6回介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会」出席の報告

 令和2年3月30日(月)、厚生労働省の「第6回介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会」が開催されました。当会からは橋本康子副会長が委員として出席しました。 [続きを読む]

費用対効果評価制度、「人材育成が非常に重要」 ── 医療保険部会で池端副会長

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

池端幸彦委員(日本慢性期医療協会副会長)_20200326_医療保険部会

 日本慢性期医療協会の池端幸彦副会長は3月26日、費用対効果評価制度の拡充に向けた課題などを検討した厚生労働省の会議で、「国民に分かりやすい形で提示することが必要」と指摘した上で、「しっかり議論するためにも人材育成が非常に重要ではないか」との考えを示した。 [続きを読む]

日病協「第175回 診療報酬実務者会議」出席の報告

協会の活動等 官公庁・関係団体等

日病協「第175回 診療報酬実務者会議」出席の報告

 令和2年3月18日(水)、日本病院団体協議会(日病協)の「第175回診療報酬実務者会議」が開催され、当会からは池端幸彦副会長(診療報酬実務者会議委員長)ならびに矢野諭副会長が出席しました。 [続きを読む]

「要介護者をいかに減らすか」 ── 次期介護報酬改定に向け、武久会長

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

武久洋三委員(日本慢性期医療協会会長)_20200316_介護給付費分科会

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は3月16日、令和3年度の介護報酬改定に向けた議論がスタートした厚生労働省の会議で、「要介護者をなるべく減らすという視点に立って、今後どのように取り組んでいくべきか」と問題提起し、「要介護者があまり発生しないように、そして発生しても要介護度が軽くて済むようにするという視点で、この1年間、いろいろな意見を戦わせていただきたい」と述べた。 [続きを読む]

DP号下船者、「無事に帰宅された」と報告 ── 橋本副会長、2020年3月13日の定例会見で

会長メッセージ 協会の活動等 官公庁・関係団体等 役員メッセージ

橋本康子副会長_20200313_日慢協会見

 日本慢性期医療協会の橋本康子副会長は3月13日の定例記者会見で、ダイヤモンド・プリンセス(DP)号から最初に下船した約70人の診療や投薬、相談などに1週間、泊まり込みで対応したことを報告した。橋本副会長は「感染防止のほか、身体的・精神的な面へのフォローアップも実施し、全員無事に帰宅された」と笑顔で伝えた。 [続きを読む]

「国民に丸投げして『自己責任』は乱暴な議論」 ── 薬剤自己負担の引上げで池端副会長

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

池端幸彦委員(日本慢性期医療協会副会長)_20200312_医療保険部会

 日本慢性期医療協会の池端幸彦副会長は3月12日、薬剤自己負担の引上げなどを審議した厚生労働省の会議で「国民に丸投げして『自己責任』と言うのは非常に乱暴な議論」と述べ、スイッチOTC化された医療用医薬品を保険適用から外すことに反対した。 [続きを読む]

外来受診の回数、「一元管理で減らせる」── 医療保険部会で池端副会長

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

池端幸彦委員(日本慢性期医療協会副会長)_20200227_医療保険部会

 日本慢性期医療協会の池端幸彦副会長は2月27日、今後の医療保険制度について審議した厚生労働省の会議で、年間の外来受診回数のデータに言及し、「かかりつけ医が生活習慣病等をしっかりと一元化して管理する体制ができれば、この回数は減らせる可能性がある」と述べた。 [続きを読む]

介護医療院への移行、「手続きが煩雑」 ── 介護保険部会で橋本副会長が改善を訴え

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

橋本康子副会長_20200221_介護保険部会

 日本慢性期医療協会の橋本康子副会長は2月21日、第8期介護保険事業計画の基本方針などについて審議した厚生労働省の会議で「介護医療院への移行が進められているが、なかなか想定されたような数字にはなっていない」と指摘した上で、「手続きが煩雑という課題もあるので、改善していく必要がある」と訴えた。 [続きを読む]

急性期一般1は「70%程度になる」 ── 武久会長、2020年2月13日の定例会見で

会長メッセージ 協会の活動等 役員メッセージ

武久洋三会長_20200213_日慢協会見

 日本慢性期医療協会の武久洋三会長は2月13日の定例記者会見で、「今回の重症度、医療・看護必要度の『A項目』『B項目』の改定によって大幅に急性期一般入院料1が減って、70%程度になるのではないか。かなり頭脳的な改革であったのではないか」と述べた。 [続きを読む]

日病協「第174回 診療報酬実務者会議」出席の報告

協会の活動等 官公庁・関係団体等

日病協「第174回診療報酬実務者会議」出席の報告

 令和2年2月12日(水)、日本病院団体協議会(日病協)の「第174回 診療報酬実務者会議」が開催され、当会からは池端幸彦副会長(診療報酬実務者会議委員長)ならびに矢野諭副会長が出席しました。 [続きを読む]

フォーミュラリー、「慎重な議論や調査が必要」 ── 池端副会長(2020年1月31日の医療保険部会)

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

池端幸彦委員(日本慢性期医療協会副会長)20200131_医療保険部会

 日本慢性期医療協会の池端幸彦副会長は1月31日、今後の医療保険制度について議論した厚生労働省の会議で処方薬のリスト化(フォーミュラリー)をめぐる議論に言及し、「まだまだ慎重な議論や調査が必要である」と述べた。 [続きを読む]

2020年1月24日(金)第175回介護給付費分科会の報告

会長メッセージ 協会の活動等 審議会

2020年1月24日(金)第175回介護給付費分科会の報告

 令和2年1月24日(金)、厚生労働省の「第175回介護給付費分科会」が開催されました。当会からは武久洋三会長が委員として出席しました。 [続きを読む]