RECENT POSTS

日本慢性期医療協会が平成30年度介護報酬改定に向けての要望項目を提出

会員・現場の声 協会の活動等 官公庁・関係団体等

日本慢性期医療協会が平成30年介護報酬改定に向けての要望項目を提出

 2017年8月11日に、厚生労働省の鈴木康裕医務技監、濱谷浩樹老健局長、鈴木健彦老人保健課長宛に、武久洋三会長と、安藤高朗副会長・政策提言委員会委員長、清水紘副会長が平成30年介護報酬改定に向けての要望項目を提出いたしました。 [続きを読む]

「平成29年度第5回入院医療等の調査・評価分科会」 出席のご報告

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

「平成29年度第5回入院医療等の調査・評価分科会」 出席のご報告

 平成29年8月4日、「平成29年度第5回入院医療等の調査・評価分科会」が開催され、池端幸彦副会長が委員として出席いたしました。同分科会では、「入院医療等における実態調査」の結果に基づき、平成28年度診療報酬改定の影響について検証が行われております。 [続きを読む]

「平成29年度第4回入院医療等の調査・評価分科会」 出席のご報告

協会の活動等 審議会 役員メッセージ

20170721平成29年度第4回入院医療等の調査・評価分科会

 平成29年7月21日、「平成29年度第4回入院医療等の調査・評価分科会」が開催され、池端幸彦副会長が委員として出席いたしました。主な議題は、「地域包括ケア病棟入院料・入院医療管理料」と「回復期リハビリテーション病棟入院料」についてです。 [続きを読む]

平成30年度診療報酬改定に向けて10項目を要望 ── 7月13日の定例会見

会長メッセージ 協会の活動等 役員メッセージ

安藤高朗副会長_平成29年7月13日の記者会見

 日本慢性期医療協会は7月13日の定例記者会見で、平成30年度診療報酬改定に向けて10項目の要望を発表しました。会見で武久洋三会長は、100項目近い要望の中から厳選したことを説明。「建設的な理論の上に立った、これからのニーズに合ったような要望を出したい」と語りました。要望書は同日、厚生労働省に提出されました。 [続きを読む]

日本慢性期医療協会が平成30年診療報酬改定に向けての要望項目を提出

会員・現場の声 協会の活動等 官公庁・関係団体等

平成30年度診療報酬改定に向けて1

 2017年7月13日に、厚生労働省保険局医療課 迫井正深課長宛に、武久洋三会長と、安藤高朗副会長・政策提言委員会委員長が平成30年診療報酬改定に向けての要望項目を提出いたしました。 [続きを読む]